家+庭。

~邸庭一如~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LDK:TVスペース…配線は隠してスッキリと

TV配線 1


TV周りの配線って

ごちゃっとして見えるし、埃もかぶるし

家具を置いてしまうと、後から配線し直すのも大変。


ずっと、そんな風に思ってましたので

新居では、その辺りをしっかりと対策したい…と思いました。



トラコミュ
WEB内覧会*リビング
WEB内覧会<総合>
みんなのWeb内覧会
わたしのお気に入り
リビングのインテリア
インテリアデザイン
暮らしを楽しむ
シンプルで機能的な生活



ウチのTVは、壁掛けにしました。

それは、家具はなるべく置きたくなかったからです。


それに、旧居で下のコが
TV台によじ登ってTVに手をかけたりしていたので、危ないな…と。

だから、なるべく出っ張りを減らして、フラットにしたいと思いました。
言い聞かせればいい話なのかもしれませんが
リスクはなくしておいた方がいいだろう…とも考えました



最初に位置をしっかりと考えておけば
後から模様替えするようなことはないだろうと思いましたし。


それならば、周辺機器も造作収納に入れ込んでしまおう、と
そう考えました。


ココに関しては、正直めちゃくちゃ考えましたし
設計のWさんに対しても、また棟梁のSさんや電気配線のKさんにも
何回も何回も説明して、わかっていただくのに苦心した場所です。
Wさんは、結構すぐに意図するところを理解してくださって
寸法とかちゃんと図面にしてくださっていたんですけれど
それが、なぜか現場に伝わっていなかったという…(・Θ・;)



そんな苦労があっただけに、思い通りに仕上がった時には…
ものすごく嬉しかったですv(≧∇≦)v



TV下部の扉内部には、周辺機器を収めてあります。
扉は、閉めたままでもリモコンが使えるように、デザインしてもらいました。

この横桟のデザインは、LDKのあちこちで使用していますので
統一感がとれてるんじゃないかな~…なんて思ってます(*´∇`*)



内部はこんな感じです↓

TV配線 2


TVを掛ける部分には、穴を開けてもらってます↓

TV配線 3

単に穴だけかと思ったら…
ちゃんと木枠まで作ってくれてました(*´∇`*) 棟梁!ありがとうございます!


穴の両脇に、壁掛け金具を取り付けてもらいました。

TV配線 4

この穴の中に配線を落とし込むのが、最初は結構大変で
棟梁と二人で、あーでもないこーでもないと頑張ったのも、今では良い想い出です


背面はスタディスペースになってまして
カウンター下部に、扉をつけてもらいました。

TV配線 5

内部はこうなってます↓

TV配線 6

背面から、配線ができるようにしました。


壁掛け部分に開けた穴から、こんな感じでコードが下りてます↓

TV配線 7


この収納内部には、コンセントはつけられませんでしたので
横の壁面まで通すようにしました。

TV配線 8

TV配線 9

アンテナ線も、こちらに繋いでます。



こうやって見ると、簡単そうに思えるかもしれませんが…


カウンター下に入れ込むことにしたため
収納の奥行をあまり取りすぎてしまうと
座った時に、足が当たってしまうし

かといって、カウンターの奥行を深くしすぎてしまうと
背後を人が通る時に通りにくいし、と

周辺機器が入るだけの奥行を確保しつつ
座り心地も確保するのに、苦心しました。
また、ここに座るのが主人だったため
妙に奥行にこだわる人なので…調整が大変でした(;´Д`A ```



それに、TV部分をサイドから見た時に
出っ張っていたり金具が見えたりするのがイヤだったので

見えにくいよう、横の柱を出っ張らせるような壁の配置にしたり


細かい部分で、色々と気を使った場所でした。



でも、それだけ苦労した甲斐のある、大満足のスペースになったと思います



応援ポチ☆してもらえると、めっちゃ嬉しいですp(^^)q

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ  にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ



いつも本当にありがとうございます!


↓トラコミュ参加してます↓

*無垢の素材の家つくり
*建築日誌 木造住宅が出来るまで
*新築一戸建て
*いえづくりのこだわり
*家づくりを楽しもう!
*住まいに関する事
*家づくり
*住まい、住宅、家、住居、家屋
*マイホームの収納計画
*収納・片付け
*新築・リフォームの間取りアイデア
*ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
*住まいと暮らし

関連記事

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。