家+庭。

~邸庭一如~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現場は図面がすべて

建具についてのメールの内容の件で、Wさんと電話でお話していた時。

電気配線のKさんから
「天井が一部、間接照明用に施工されていない」
という連絡があったとのこと。


聞いてから、写真を確認したら。

た・確かに…施工されてない部分がある( ̄□ ̄;)!!


問題の部分の写真はこちら↓

現場 62

真ん中の柱を境に、向かって左はちゃんと施工されているのですが
向かって右側が…普通の下がり壁になってます。。


この写真を撮った時は
「うわ~~下がり天井が出来てる~O(≧▽≦)O 」
と感激していただけで。

細かい部分までは、確認してませんでした……


自分の、確認ミスが悔やまれます……llllll(-_-;)llllll



棟梁は、ここの部分については「聞いてない」とのことで。。

確か、専務さんも一緒の立会いで、言った記憶はあるんですけれど
ただ…この下のPCカウンタースペースの方がややこしくて。
そっちの説明にまぎれて…こちらの方は忘れられていたのかも?(;´Д`A ```


その後何回か
「こっち(キッチン側)とこっち(スタディスペース)は下がり壁で
間接照明をつけることができるように」

と…説明したような覚えはあるのですが。

この時は『スタディの方はL字に』とまでは…言ってなかったかもしれません。。


電気配線の最終図面には、L字に間接照明が入るようになってますので
それで大丈夫だと思い込んでた部分はあると思います(´_`。)


とりあえず、Wさんが現場に行って確認してくださるとのこと。
他にも、何点かありますので、それもお任せすることにしました。



この件に限らず、割りと「図面には書かれてないから」ということで
打ち合わせとは違う形で施工されそうになっていた箇所がありました。

「アレ…打ち合わせの際に、Wさんには何度も説明したんだけどな」
とは思うものの、確かに”図面に書かれていない”のは本当なので。

細かい部分でもちゃんと、図面に反映しておくことは
基本だし大事なことなんだな、と改めて思いました。

現場の人たちには、打ち合わせの細かい内容までは伝わってないし
図面を元に、その通りに施工するのは、当たり前のことだと思います。


それに、図面では書ききれない・説明しづらい部分もあり……
Wさんも、『現場での収まりにお任せ』しないといけない部分もあったり

ちゃんと、T建築の方で『現場打ち合わせ』の時間を取ってくださって
施主の意向に添うように、気を配ってくださっているのですが。


「職人さんの、作業のジャマになるから」と、変に遠慮などしないで

もっとしっかり、現場に足を運んで
確認・説明しなければいけなかったのかな…と

今更ながらに、思いました……。


もはや完成に近づきつつある我が家では、もう遅い話なんですけれど

これから建築する、どなたかの参考になれば…と。
記事にすることにいたしました。



現場 63

他の場所の天井です。

2階との兼ね合いで、下がり天井になっていたり。
配線や配管を通したり…複雑な作業だと思います。

我が家は『めんどくさい』家なんじゃないかな…って
今更ながらに思いました。


本当に本当に、すみません……。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。



「頑張れ~」って思われましたら、ポチってもらえると嬉しいです( ´△`)

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ  にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ



いつも本当にありがとうございます><


↓トラコミュ参加してます↓

*無垢の素材の家つくり
*建築日誌 木造住宅が出来るまで
*新築一戸建て
*いえづくりのこだわり
*家づくりを楽しもう!
*住まいに関する事
*家づくり
*住まい、住宅、家、住居、家屋
*マイホームの収納計画
*収納・片付け
*新築・リフォームの間取りアイデア
*ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

関連記事

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。