家+庭。

~邸庭一如~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TVコーナーの窓…第3の選択肢?

過去記事はこちらになります↓

2014/11/21記事 : 『TVコーナーの窓…問題は他にもあった?』
2014/11/20記事 : 『どうなる!? TVコーナーの窓の行方』



TVコーナーの窓をどうするかについて、何回かWさんにメールをしました。


主人は、とにかく「外からの位置が低い」ということをずっと言っていて。
といって…窓の位置を上げて、隣家の窓とかぶるのは…私がイヤだったので。


最終的に、次の2案にするしかないのでは? …ということになりました。

 1. 位置が気になる下部の窓のみ、他所の窓とチェンジする
 2. 下部の窓をなくして壁にして、この窓は他所へ移動する



当初、Wさんが予定してくださっていたスリットFIX窓を新たに入れて
今の引き違い窓を他所へ移動する…という案もあったのですが。

「これ以上窓を増やしたくない」という主人の意向もあり。
この案はナシになりました。



これらの案でまず問題だったのは
「どこの窓を移動させるのか?」ということ。



色々と検討した結果、1階トイレのスリットすべり出し窓を移動させるのは?
…という案が出てきました。


つまり、現状TVコーナーの引き違い窓を、トイレの上部に設置し
トイレのスリットすべり出し窓を、他所に移動する…というもの。


では、そのすべり出し窓をどこに移動させるのか…という段階になって。
どこもすべて窓か柱が入ってて、なかなか移動させる場所もなく。


 ・ トイレのカウンター下に設置する
 ・ 玄関土間収納の下部に設置する


…の2案が、まず出てきました。


ですが、どちらも…大きさが違うものが並ぶのが、見た目にどうなの?
…と、悩んでしまい。 決定打とはならず。。



そこで、新たに

 TVコーナー下部の引き違い窓とトイレのスリットすべり出し窓とを交換する

…という案が、浮上してきました。



大きさは違うけれど…元々ここにはスリットすべり出し窓を入れる予定だったし。
型ガラスだけれど、この窓自体を”飾り棚”として見れば違和感ないんじゃ?



…そんな風に、思ったんです。



そこで、その旨もWさんにメールしたのですが…返信はなく。
(メールの返信を、ただ待ってるだけじゃなくて…電話した方が良かったみたい)
その後、用事のついでに現場を見に行く機会があったので、棟梁に聞いたら。

棟梁は、「場所を移動する」件については初耳だったらしく…。


主人が
「ちゃんとメール見てくれてるのか確認したのか?
なんで確認の電話しないの!?
こちらから電話した方がいいんじゃないのか??」
…と、騒ぎ出し(;´Д`A ```


正直、その日はムスメの就学前健診の日で…。
色々あってものすごく疲れてて。
もう早く休みたかった…ような状態の時に言われて。。


「そんなに言うなら、アナタが電話してよね!」
…みたいな感じで、ちょっと険悪ムードになったり。 散々でした(TmT)



結局は、主人が電話してくれて。
後日、事務所に行って話し合ってから、この窓のことについて決定する
…ということになりました。



それにもしかしたら。

TVコーナーの写真を改めて見て思ったんですけれど。

このままでもいい…?
という選択肢もアリなのかな、という気もしてきました。


それで、移動した場合と現状のままの場合と。
それぞれのメリット・デメリットを書き出して、頭の中を整理しました。


でも、まだ決めかねますので…
今度は、しっかりと相談してから、決めようかと思います。



何かもう…
散々、私たちの我侭に付き合わされたWさんこそ、被害者…?
って思います。 スミマセン>< ←ってココで言ってもイミないし



今回のことを振り返ってみると。


『また、私の悪いクセが出てきてしまったかもなぁ…』
って、思いました。



勤めている時にそうだったんですけれど
私…何でも人に任せるということができず、自分でやってしまうところがあって。
それで、いっぱいいっぱいになって大変だったりしたこともあったり。
それでも、それをやり遂げられることが、嬉しかったりもしました。


けれど、それは結局、自分の自己満足にすぎないわけで。。


ある程度、全体の流れもちゃんとわかっている仕事の時ならともかく。
今の私は、ちゃんとした建築の知識があるわけでもない、素人。

その私が…アレコレ細かい部分に口を出すから招いた事態じゃないの?と。



間取りの基本部分を自分で考えて決めたことに対しては、後悔してません。
主婦である私が、一番家にいる時間が長くて、家族の生活スタイルもわかってる
だから、家族にとって「使いやすい」間取りになったと思っています。



けれど。 それ以上の部分に関しては。
プロであるWさんや他の方に…お任せした方が良かったのかもしれないな、と。

しっかり相談してから決めていれば…防げた部分もあったんじゃないの?と。


今更ですが…思ってしまったんです。。



それに、主人にも
”丸投げされた”っていっても…そのまま独りで頑張るだけじゃなくて
ちゃんとこちらから持ちかけて相談する…という姿勢も必要だったかな、と。

そう、思いました。


この窓については、まだ解決してませんので。
どうなるか決定しましたら、改めてご報告したいと思います。



※本日の現場写真※

現場(窓)6

以前問題となった、子ども部屋の段窓のサッシが取り付けられてました。
やっぱり…こっちに替えて良かった、と思いました。


現場(窓)7

高さを大きめなものに替えてもらったサニタリーの掃き出し窓と、ベランダです。
下地の板が張られていました。


そういえば…ココの手すりの高さって、どのくらいなんだろう…?(・Θ・;)
か・確認してなかった……かもΣΣ( ̄◇ ̄;)!



応援ポチ☆してもらえると、めっちゃ嬉しいですp(^^)q

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ  にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
ありがとうございます!


↓トラコミュ参加してます↓

*無垢の素材の家つくり
*建築日誌 木造住宅が出来るまで
*新築一戸建て
*いえづくりのこだわり
*家づくりを楽しもう!
*家づくり
*住まい、住宅、家、住居、家屋
*マイホームの収納計画
*収納・片付け
*新築・リフォームの間取りアイデア
*ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

関連記事

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。